今だからこそ、メールを見直してみませんか?-LINEのメリット・デメリット-


僕自身、LINEを現在ヘビーに使っております。
それこそ様々な友人とグループで24時間語る日々を過ごしています。

しかし、その生活が本当に正しいのかなと疑問に思うようになりました。
そこで、このようなタイトルで記述してみることにしました。

LINEのメリットを述べた上で、疑問定義とデメリット、そしてその他の連絡ツールのよさについても語ります。


■LINEのメリット

この手のインスタントメッセンジャーツールのメリットはダイレクトレスポンスと連絡のしやすさにあります。
特に、メッセージを飛ばせば相手はすぐ認識し、連絡を安易に返すようにダイレクトレスポンスは連絡をしている側にとっても非常に便利だと思います。また、メールアドレス等を教えるよりもIDを教えるというハードルの低さもポイントになっているのではないかと。

IDだから簡単に教えることが出来て、そして繋がることによっていつでも連絡が出来る。それこそ通話したくなったら電話ではなくLINEやSkypeなら実質無料で通話できるわけで、ID一つ教えることによってメールアドレスと電話番号を教える必要すらなくなるのは非常に大きいと思います。

現実、メールアドレスや電話番号は教えられないけど、LINEIDなら教えるという人の比率も高まってます。



しかし、そういう便利なLINEであるが故に、その便利さの裏にあるデメリットを感じるようになりました。

○常時連絡できるからこそ、常時閲覧・返信するのが当然に感じる

LINEをヘビーに利用している方はこれを一度も感じたことが無い人は少ないのではないでしょうか。
特に、下記のようなニュースもありました。

大学生の半数近くが「LINE疲れ」感じる、「既読」でプレッシャーも(INTERNET Watch)

裏技としてLINEで既読にしない方法もありますが、基本的にはLINEはメッセージを読んだら既読になるため、相手にメッセージをみたことがバレバレになります。
そのため、そこで返信が遅れるだけで何かしらの感情を感じるケースもあるようです。

例えば、

「好きな人にメッセージを送ったのに既読のまま返信が無い」→愛情が無いのではないか
「冗談を言ったら返事が無くなった」→怒っているのではないか
「自分が会話を発した瞬間にグループでコメントがなくなった」→自分は受け入れられていない

等々、便利なツールであるが故に過剰に反応してしまうというジレンマが生まれます。

その結果、便利であるが故のLINEに張り付くようになり、便利なものというより依存に近くなり結果不便なものになってしまうことがあったりします。
ダイレクトレスポンスが出来て、それが当然になったが故のデメリットです。

○文章の簡素化による誤解を招きやすい

これはTwitterの際にもありましたが、140文字で誤解無く大切なことを伝えることは非常に難しいのです。
もちろんその人の本質もあるので、文字数によって本質的に変わるかというと難しいのですが、それでも文字数が少ない簡略化されたコミュニケーションにより、何気ない言葉が刺さることがあります。

僕もあった話ですが、本人が冗談だと思って喋った場合、表情や口調によるニュアンスで正しく伝わるべきことが文章になった瞬間に感情が伝わらず、喧嘩に発展することもあります。「(笑)」や「wwwww」とか「顔文字」とかLINEで言うところのスタンプで補完しようにも逆に火に油を注ぐ結果となるのです。

先ほどの話に通じることではありますが、ダイレクトレスポンスができるツールであるが故に、会話も考えられないくらいの量で会話するため、いつからか言葉についてもより簡素化するようになってしまうこともあるのではないかなと思ってます。

やはり、コミュニケーションのツールとして考えるときに「大切なことはLINEやTwitterで片付けるな」っていう感じでしょうか。

—————

そのようなことを考えた時、ふと思ったのはLINEを使うようになって、メールすらも不便なものに感じてしまった自分が居たことに気がつきました。もちろんLINEは全ての人が利用している訳ではないので、無い人はメール連絡するものの、LINEの方が楽だなと思うようになり、いつしかLINEIDを交換した人とはメールすらしなくなったなと。

LINEでは調べてみたら「300/day」のメッセージを飛ばしているのに、メールは「3/day」と100分の1の量しか送っていないという。これが極端な人だとLINEが「500/day」、メールが「0/day」って人もいるのではないでしょうか。


■今だからこそ、メールを見直してみませんか?

ここで本題ですが、メールも過去のものではなくLINEと異なる使い方はできると思います。
それこそ、LINEは「会話」、メールは「文通」でも良いと思うんですよね。
現在は便利なツールに負けて、LINEで全てを伝えるあるいは伝えた気になっている人が多いような。

これは僕自身も含めて。

故に、お互いの理解や大切なことを伝えるのは、何もLINEじゃなくていいんじゃないかなと。
メールだと、一つ一つでレスポンスがある訳でもないので、まとめて自分の思いを伝えることもできるし、論理立てて伝えたいことを伝えることができるので違う形として使うこともできるのではないでしょうか。

だから、その一つのツールに依存するのではなく、様々なサービスを用途に合わせて使うのも悪くない。

もちろん、メールだけではなく、それこそ文通でも良いし、リアルで逢って話すのでも良い訳です。

ただ、片方を否定するのではなく、両方のメリット・デメリットを考慮して、自分自身にとって良い形で使っていきたいものですね。少なくともツールに依存するのではなく、ツールを活用することこそが自分にとってプラスに作用することがありますので。

————-

最近LINEを使っていて思ったことを書いて見ました。

とは言っても、僕自身LINEを楽しく使っておりますので良かったら登録してお話しましょう。

僕のIDは聞いていただければお伝えいたします。

■関連記事一覧

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Additional comments powered byBackType

Subscribe to RSS Feed Follow me on Twitter!