事業再生ADRは倒産ではありません-エドウィンパニックで考える-

似たような記事やツイートは良く言ってますが、相変わらず理解していないのに、触れ回ることにより騒ぎが拡大しているような事例が発生しております。まぁエドウィンの話ですけどね。

発端は、エドウィンが事業再生ADRを申請したことから始まります。
http://www.tsr-net.co.jp/news/flash/1242850_1588.html

この東京商工リサーチのタイトルが倒産速報というのもあって、エドウィン=倒産という話が出回りました。
そしてそれを面白可笑しくまとめサイトがまとめ、そして事業再生ADRとか倒産というものがわからない人達が拡散するという展開がおこり、結果、エドウィンのサイトもアクセス過多になり、閲覧が出来なくなり、更に倒産という言葉が踊りました。

お陰でTwitter見ても倒産扱いされてるし、こりゃ困ったなと思い、この記事を書くことにしました。
結論から言うと、エドウィンは倒産してません。自主再建を目指そうとしている状況です。

その詳細をお話してまいります。

私はドラクエ10にはまったことでモンハンが好きになりました

僕自身、ドラクエ10を2,500時間以上プレイしてます。
1年2ヶ月でこのくらいの時間プレイするということは1ヶ月180時間近く遊んでるということと現在進行形であることから、恐らく人生で一番遊んだゲームになりそうな予感がします。

さて、そんな僕ですが、元々モンスターハンターが嫌いでした。
理由は、何が面白いのか全く理解できなかったからです。
いくら遊んでもトータル10時間程度プレイするのが精一杯でした。

ところが、ドラクエ10にはまり、モンハン3Gをプレイした結果、モンハン3Gは2ヶ月で100時間、モンハン4に至っては発売3週間強で150時間以上プレイするようになりました。

元々、アクションゲームは得意でも無く、単調作業が苦手な僕が何故モンハンにはまりだしたか。
今日はお話してみます。

mixiがいよいよ大変~赤字26億の下方修正、無配、そして・・・~

今日は更新したくなるニュースがいくつも。
本当は消費税増税決定後の将来予測も書こうと思いましたが、ちょっと下世話なお話へ。

mixiが下方修正しました。
元々第1四半期の決算で厳しい一年になることは予測してましたが、僕個人の予想の斜め下に行く業績予想の修正に驚愕しました。

売上が120億~135億の予想から80億、経常利益が10億~20億の予想が△17億、当期純利益が5億~11億の予想が△26億と、最早予想のレベルじゃねーぞっていう位の落ち込みっぷりです。そして更に無配・・・。予想していたよりも速いスピードでmixiが落ちていっております。

今日はそんなmixiのお話をしてまいります。

とらのあなのアクアプラス(Leaf)買収について考えてみた

久々に更新っと。

Leafブランド等で有名なゲームメーカー、株式会社アクアプラスがとらのあなを全国展開する株式会社ユメノソラホールディングス傘下になることが、両社より発表がありました。

株式会社アクアプラスとの資本業務提携(全株式取得)の合意に関するお知らせ
ユメノソラホールディングス株式会社との資本業務提携(全株式取得)の合意に関するお知らせ


通常、こういう発表文の場合は、両社それぞれのプレスリリースの作成を行うものですが、アクアプラス側はユメノソラホールディングスのプレスリリースをそのまま書いているため、一瞬ユメノソラホールディングスの株式をアクアプラスが取得するように見えるタイトルになっているのはご愛嬌でしょうか。

また、こういうプレスリリースの場合は自分の会社のことは「当社」表記が多いのですが、アクアプラス社となっており、微妙にバタバタした中での発表だったように思えます(まぁ、この手の発表に慣れてる人が社内に居ないのでしょうが)。

今日は、このアクアプラス買収について考えてみたことを簡単にまとめてみました。

【ノベルゲームレビュー】Narcissu(ナルキッソス)「祈ることを諦めた、一人の少女の物語」

過去の作品ですが、このブログの読者の方にはお勧めしたいと思って、今回1つの作品を紹介させて頂きます。

その名も「narcissu(ナルキッソス)」

同人サークル「ステージなな」の作品です。

ダウンロードはここから!

YouTube Preview Image

(ナルキッソス(Side 2nd OP))

このゲームはなんとフリーソフトです。

にも関わらず、シナリオライターも楽曲もプロが参加している凄い作品だったりします。

これがリリースされたときは、これが無料であることに納得いかないユーザーから「振り込めない詐欺」と揶揄されたこともありました。大体1~2時間で終わるので取り敢えず遊んでみるのもいいでしょう。

どんな作品かと言うと、取り敢えずウェブサイトに記載されているストーリー紹介をそのまま書くと。。。

「現代、暗い、主人公とヒロイン、どっちも死にます」

本当にこんな話です。笑いはありません。

Subscribe to RSS Feed Follow me on Twitter!