Twitter人狼体験記(前編)-汝は人狼なりや?-

つい先日の土曜日まで、僕のTweetがある特定の相手に送っているReplyが「???」と思った方は結構いらっしゃるかと思います。

例えば

@ 今日はどっちを信じるかなんですよね。@さんを信じるか@さんを信じるか。それによって、どっちの霊能者に投票するかなんですよね。難しい。 #jinroh3
@algernonroom
アルジャーノン


とか

@ 初日からガンガンやる人が居る中でどーでもいい情報で混乱させるよりも、今生きていてその上で判断できる状況で動くということも大事だと僕は思ってます。村人は狼を全滅させれば勝ちなのだから生き残った人間が正しい判断が出来ればいいのではないかと。 #jinroh3
@algernonroom
アルジャーノン


などの明らかに電波入ったPostが多かったのを見ている方も結構いらっしゃったかと思われます。

これは、Twitter人狼なるものに参加していたが故のPostでした。
今回は2つの記事に分けて、Twitter人狼体験談を書いてまいります。

【PR】
8/20に埼玉県でリアル人狼orボドゲ会を開催いたします。参加ご希望の方は下記URLよりお申し込みください。なお、Twitterやられていない方はメールを頂ければと思います。
http://twipla.jp/events/10448

四半期報告書、第1・3四半期キャッシュ・フロー計算書の省略を75%の企業が行う可能性

ちょっと釣りっぽいタイトルになってしまいましたが、こちらの75%の根拠につきましては「経営財務」の読者のうち「46名」が回答したアンケートのうち「省略する」と回答した比率が75%というものから取らさせて頂きました。

しかし、こちらの回答した方々は基本的にこのような情報開示に携わっている方が多いかと思いますのでそれなりに根拠がある情報かと。

と、巻頭にタイトルの説明を入れた上で真面目にお話ししてまいります。
先日僕は、下記のような記事を書かさせて頂きました。

四半期報告書の簡素化、その概略と注意すべきポイント

こちらの記事でお話ししたことを前提にお話ししてまいります。

TwitterのTweetをWordPressで!WordPressPlugin「Twitter Blackbird Pie」

僕自身大のついったらーな訳ですが、実はTweetをそのままブログとかに掲載したことはありませんでした。
その理由というのが、他人のPostをそのままアップするのも何だし、自分のTweetも画像切り取りが面倒で。

そして元々ウェブのサービスで「BlackbirdPie」というのがありまして、こちらはTweetの直のURLを入力するとタグが出てくるというシロモノで便利なんですが、これもまた一々貼り付けるのも面倒。

Blackbird Pie

という、非常に面倒臭がりやの僕であるが故に、Tweetの直接リンク程度でとどめておりました。
直リンでもまぁ一応ニュアンスは伝わるかなと。でも見る側にとっては面倒だろうなというのがちょっと心に残っておりました。

ところが、良いサービスについてはWorpressプラグインが無いか定期的に探すようにしているのですが、このWordPressプラグインがあることが判ったので即刻インストールをしました。

今日は、WordPressPlugin「Twitter Blackbird Pie」を紹介いたします。

【iPhoneノベル】不器用な2人の恋物語「森川空のルール」超水道

Twitterで流れてきたPostでそのうちリリースされるということを知ってブクマにいれていたノベルが9日にリリースされたので早速ダウンロードして読み終えました。

作品の名前は「森川空(もりかわくう)のルール」
同人サークル超水道さんの作品です。

作品としてはノベルです。選択肢は存在しません。普通に読んでいくだけ。
タイトルにも書きましたが、「僕」と「森川空」という不器用な2人の恋物語です。
Youtubeでも本作に使われた楽曲を再生することができます。

YouTube Preview Image

森川空のルール – 超水道(価格:無料、サイズ:83.3MB)

森川空のルール - 超水道
今日は、この「森川空のルール」のレビューを書いてまいります。

思い出の曲語り(第2夜)「めずらしい人生」KAN

僕の思い出深いアーティストの一人であるKANさんから「めずらしい人生」をご紹介。

KANさんというとやはり「愛は勝つ」の印象が強いでしょうが、実際素敵な曲を多くリリースしてます。
KANさんを紹介するにあたってどの曲から紹介していこうかなと考えましたが、KANさんの半生を曲にした「めずらしい人生」という曲を今日は紹介してまいります。

YouTube Preview Image

この曲はKANさんのベストアルバムの一つである「めずらしい人生」のタイトルにもなっている曲です。
そして、このタイトルからも人生を語った曲であることがわかりますが、この曲そのものがKANさんの半生を歌っていることは歌詞をみることでわかります。

Subscribe to RSS Feed Follow me on Twitter!