Apple、iPhoneアプリ内定期購読ポリシー改訂で変わること「Renta!iPhoneがダウンロード出来ない!」


今、ニュースを見ていて興味深い記事があったので、ここで取り上げておきます。

アップル、アプリ内定期購読でポリシー変更(CNET JAPAN)

どういうことかというと、今までアップルは「iPhoneアプリで定期購読を使った場合AppStore外で販売されている価格と同等かそれ以下の価格であることを要求し、更に30%のフィーを要求する」ということを述べておりました。

それを、「アプリ内にコンテンツを購入するためのボタンや外部リンクがアプリケーション内に存在しない場合に限り」という前提が付きますが(実はここが大きいのですが)、「アプリケーションの外部で定期購読もしくは購入されたコンテンツの収益からはフィーは発生しない」に改めました。

今までは、定期購読を行う場合30%のフィーを要求するルールを定めていたのが実は多くのCPにとって障壁となっておりましたが、この改訂により自社のサイトで電子書籍等を定期購読する契約を取り、そのビューワーをAppStoreでダウンロードすることにより、課金からのフィーは発生しないことになります。

これだけ聞くと凄く良い話に聞こえるのですが・・・ところがそうでもない。

今度の改訂で「アプリ内にコンテンツを購入するためのボタンや外部リンクがアプリケーション内に存在しない場合に限り」と明記されており、結局のところAppStore頼りでコンテンツを作っているところはこれが明記された分逆に厳しくなったように見えます。

確かに先日あったFinancialTimes等のように HTML5でWebアプリを作り、AppStore要らずにできるような競争力を有している会社とかは話は別ですが、逆に先ほどのような「購入ボタンや外部リンクをアプリ内に入れない」ということを明記した分大手のCPだけがその恩恵を受取るような形になるのではないかと思います。

特にCNETJAPANのニュースの最後に書いてあるように「電子書籍を購入するためのウェブサイトに移動するための「購入ボタン」のような購入又は定期購読のための外部メカニズムへのリンクをアプリ内で使用することを禁止する」というのが本当であるならば(規約で見つからなかったので)、Renta!のようなアプリは禁止になるのかなと思っていたのですが、Renta!iPhone版はダウンロードできなくなったようです(AppStoreで確認)

㈱パピレス Renta!サービス提供開始時のプレスリリース

その理由で止められたかどうかは不明ですが、仕組み的にはAppleとしてはアウトの方向のアプリケーションなので、この規約改訂が理由で止められたのであれば、こういうアプリケーションが増えていくかもしれません。むしろ販売力が無く、Appsotre頼りだった電子書籍会社とかは相当厳しくなるかも。

良い改訂だという裏にはちゃんとそれによってマイナスもあるというひとつの事例ですね。

[amazon asin=”4881667890″ /][amazon asin=”4839935149″ /][amazon asin=”B0041MWOWU” /]

■関連記事一覧

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Additional comments powered byBackType

Subscribe to RSS Feed Follow me on Twitter!